JAFブースで「物忘れ相談プログラム」のデモを実施しました。2013/12/05
     11月22日より12月1日まで東京ビッグサイトで開催された第43回東京モーターショーのJAFブースで、シニアを対象とした「物忘れ相談プログラム(認知症スクリーニングテスト)」体験コーナーの運営を実施しました。
     自ら進んで操作される方やスタッフの勧誘に躊躇しながらもトライしていただく方など、開催期間中は1日あたり20~30名の方々に体験いただきました。
     ほとんどの方の結果は「今のところ心配なし」でしたが、ごくわずかながら「物忘れ(認知症及びその予備群の疑い)が始まっている」とされた方もいらっしゃいました。その方達には日本医科大学武蔵小杉病院に併設する「街ぐるみ認知症相談センター」をご案内、早期の対応を促しました。
     最初は「最近物忘れがひどくなった」と気にされる方も、良い結果が示されると自信を取り戻したかのように笑顔で会場を後にされていました。

konnzatubooth1


MSPDEMOTokyoMotorShowJAFbooth4








      12月21日から開催される大阪モーターショーにおいても同様にJAFブースでデモを行う予定です。