高齢者のための「運転を続けたい」をかなえるために・・・ 講演会

    年齢を重ねることで変化する身体の特徴などを知ってもらい、高齢になっても安全に自動車の運転を続けてもらうための講演会が、奈良県三郷町地域包括支援センターの主催で地域にお住まいの高齢の方々を対象に、6月16日(日)に開催されました。講演会では、当研究会会員である八尾自動車教習所(大阪府)の地域安全推進課長浅田克子氏が、年齢とともに衰える視覚能力や判断スピード、反射動作や、高齢者の運転や事故の特徴などについて講演を行いました。また、同じく当研究会会員である利根川Kスタジオ(神奈川県)の利根川久女紅先生による指導で、運転に必要な筋肉の衰えを防止するエクササイズを参加者全員で体験していただきました。参加された方々は皆さんには興味深く聴講していただき、また積極的にエクササイズに取り組んでいただきました。


八尾自動車教習所 浅田氏による講演会


利根川先生指導によるエクササイズ


    当研究会として福祉行政と連携した初めての取り組みとなりますが、来場いただいた皆さんにはリラックスして参加いただき、大変有意義な機会をいただけたことを三郷町地域包括支援センター様に感謝致します。今後も高齢運転者をサポートされる方々と連携した活動に積極的に取組んでまいります。